腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やしていくことが最も大切なこととなります。腸内環境が悪い状態というのは、善玉菌よりも悪玉菌の方が優勢となっていることで起こります。つまり、これを改善するためには善玉菌を増やして、悪玉菌との釣り合いが保たれるようにすることが必要となるわけなのです。

そこで、善玉菌を増やすために必要な栄養素を積極的に摂取して、腸内環境の改善に努めていきましょう。善玉菌を増やすために必要とされている栄養素は、ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維と言われています。

まず、ビフィズス菌は善玉菌そのものです。主にヨーグルトなどに含まれており、これが生きた状態のまま腸内に届いてくれればOKです。ただし、胃の中に何も入っていない状態で食べてしまうと殆どが死んでしまうと言われているため、できるだけ食後に食べるようにしましょう。

次にオリゴ糖と食物繊維ですが、これらは善玉菌が好む餌と言われているものです。善玉菌の大好物となるものを定期的に摂取してあげることで、腸内で活躍している善玉菌も活発になってくれることでしょう。特に食物繊維の場合、排便効果も期待できるため便秘を防ぎ、腸内環境が悪くならないようにサポートしてくれるはずです。

ちなみに、オリゴ糖が含まれている食べ物として知られているのは、玉ねぎやキャベツ、アスパラなど。そして食物繊維が含まれている食べ物として知られているのがこんにゃくや海藻類、ブロッコリー、バナナなどです。
日頃の食事でできる限り摂るようにして、腸内環境を整えていくようにしたいですね。


Comments are closed