ヨーグルトなどで話題になっているビフィズス菌などの善玉菌。
これらは、腸内細菌と呼ばれるもののうちのひとつであるということ、ご存知でしょうか?

人間の腸の中には、これら以外にも様々な腸内細菌たちが存在しています。
どのくらいの腸内細菌たちが生息しているのかというと、その数はなんと「腸」だけに100兆を超えると言われています。
もちろん、種類も豊富で数百種類以上であるそうです。
いかにたくさんの腸内細菌たちが、私たちの腸で共存しているのかがお分かりいただけたことと思います。

さて、そんな腸内細菌たちは大きく分けると3つの種類に分別することができます。

1つは知らない人はいないであろう乳酸菌などを代表とした善玉菌、
もう1つは大腸菌などが中心となった悪玉菌、更にもう1つは善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌です。

最後の日和見菌という細菌は、普段は特に何の影響もありません。
しかし、一度悪玉菌が優勢になってしまうと、途端に悪玉菌側に加勢するという、少々厄介な菌たちです。

基本的に腸内環境が良好な状態というのは、善玉菌と悪玉菌とのバランスが取れていることを指します。
しかし、ストレスや睡眠・運動不足、食生活の乱れなど、何らかの原因があって悪玉菌が増えてしまうと、
腸内環境のバランスは崩れて状態が悪化してしまうことになります。

この状態になると、腸の蠕動運動が鈍くなってしまったり、有害なガスがたくさん発生するようになったり、
下痢・便秘を起こしやすくなるなど、健康が脅かされることになってしまうわけです。

こうした状態にならないように、善玉菌を増やすための生活習慣を心がけていきましょう。
食事に気をつけたり、適度な運動を心がけたり、生活を見直したりすることで
腸内環境の改善を期待することができるはずです。


Comments are closed