ヨーグルトが腸内環境を改善するのを助けてくれるというのは、近年において大変有名な話ですね。

実際、「腸内環境を良くしていきたい!」とヨーグルトを食べる習慣をつけている人も少なくないのではないかと思います。
そんな背景があるからか、スーパーなどでも様々なメーカーのヨーグルトが陳列されていますよね。

何故、ヨーグルトが腸内環境を改善していくのをサポートしてくれるのでしょうか。
答えは、ヨーグルトの中にビフィズス菌や乳酸菌といった善玉菌が豊富に含まれているためです。

腸内は基本的に善玉菌と悪玉菌によるバランスが保たれていることが重要なのですが、
腸内環境が悪化している状態では、悪玉菌の方が優勢になってしまっています。
特に年を重ねていくと、腸内の善玉菌は不足しやすくなるので、悪玉菌が優勢になりやすいのです。

また、ストレスを感じたり、不規則な生活が続いたりすることでも、善玉菌は減少してしまいます。
そのため、悪玉菌優勢にしないためにも、日頃から善玉菌を積極的に補うことは、とても大切なことなのです。

善玉菌を補うためには食事に気をつけることが一番ですが、
日頃から忙しい人などはなかなか食事に気を遣うことは難しいでしょう。

ヨーグルトなら、普段の食事に一品加える形でOKですし、ドリンクタイプであればグイっと一飲みするだけで済みます。
そのため、忙しくてなかなか食事に気を使えなくとも、簡単に善玉菌を摂取できるわけです。

腸内環境は免疫力をも左右することになる大切なもの。
悪化させてしまうのは健康を阻害することにもつながってしまいます。
自分の体を病気から守るためにも、手軽に食べれるヨーグルトで腸内環境の改善に取り組んで行きたいですね。


Comments are closed