「今までアレルギー症状とは無縁だったのに、最近アレルギー症状を起こすようになった…どうしてだろう?」
そんな悩みを抱えてはいませんか?

全くアレルギーとは無縁だったはずが突然、起こりやすくなってしまった場合には、
腸内環境の悪化を疑った方が良いかもしれません。

特に近年はストレス社会であるため、過剰なストレスを抱えている人が多い上に、
生活習慣の乱れなどから腸内環境を悪化させてしまいがちな人は多いもの。
こうした腸内環境の悪化は免疫力を低下させるので、アレルギー症状も起こしやすくなってしまうのです。

腸内環境が悪化するということは、腸内にいる善玉菌と悪玉菌のうち、後者のほうが優勢になっている状態を指しています。
悪玉菌は、腸内の粘膜に傷をつけてしまうものであるため、腸内はどんどんダメージを受けて弱ってしまうのです。

その結果、本来であれば阻止するはずの有害物質を簡単に侵入させてしまうようになったりするため、
花粉症や鼻炎、皮膚炎など様々なアレルギー症状を起こしやすくなってしまうというわけですね。

このように、アレルギー反応が起こっているのは、
腸内環境が悪化して免疫力が低下していることが原因である可能性もあるでしょう。
逆に考えれば、腸内環境を改善に導くことでアレルギー反応を緩和させていくことが出来るということになるのです。

腸内環境を改善するには、乳酸菌を多く含む発酵食品や食物繊維が豊富な野菜を食べることや、
適度な運動、規則正しい生活がカギとなります。

また、ストレスフリーであることも重要であるため、
適度にストレスを発散していけるように工夫していきたいものですね。


Comments are closed