腸内環境は免疫力と密接な関係があるという話、耳にしたことはありませんか?
意外かもしれませんが、腸というのは人間の免疫力の中心となっている存在なのです。

それでは一体どうして、腸が免疫力の中心となっているのでしょうか。
それは、腸内には人間の体内にいる免疫細胞のうちの7割前後が集結しているためです。
このことがあって、腸内が体内の中では一番大きな免疫器官であるとされているのでしょう。

ちなみに、腸内にはたくさんの腸内細菌たちが生息しています。
彼らは腸内における免疫システムを支えてくれている、大変重要な存在です。

しかし、あくまで支えてくれているのはバランスが取れているときのみで、
一度バランスが崩れてしまうと、免疫システムが正常に機能できなくなってしまいます。

腸内細菌のバランスが乱れると、悪玉菌が増えていき、腸内環境はどんどん悪くなっていきます。
悪玉菌は腸の粘膜を傷つけてしまうだけでなく、便秘や下痢を起こすものです。
そうなると腸内には毒素がたまり、それが血液などで体中に行き渡ってしまうことになるので、
様々な不調が起こりやすくなってしまいます。

こうして腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、当然免疫力も低下していくことになるでしょう。
その結果、感染症や食中毒などを起こしやすくなってしまう他、アレルギー反応が出やすくなってしまうことにつながるのです。

このように、腸内環境は免疫力と深い関わりあいを持つものです。
悪玉菌優勢となって免疫力を下げてしまうことにならないように、腸内バランスはしっかりと保っていきたいものですね。


Comments are closed