おならのニオイが臭いと、気軽に出すことができないものです。
周囲の人間に迷惑をかけてしまうどころか、「いったい誰がやったんだ…」と
探り合いにまで発展してしまうこともあるでしょう。

そのような空気になるのは、実に気まずいことこの上ありません。
特に、自分にとって大切な人の前で強烈に臭いおならをしてしまった日には、
一瞬で消えてしまいたくなる衝動に駆られてしまいます。

こうした臭いおならの悩み…果たして何が原因となっているか、ご存知ですか?

実は、腸内環境が悪いと、このような臭いおならが
頻繁に出るようになってしまうと言われているのです。

でも、だからといって何も対策法がないわけではありません。
腸内環境が悪くなっていることで臭いおならが出てしまっているのなら、
反対に腸内環境を改善してしまえばいいだけなのです。

臭いおならが出てしまったときは、
「これは腸内が助けを求めているんだ!」と前向きに考えて、早めに対策を練っていきましょう。

腸内には善玉菌と悪玉菌が生息しているというのは、有名なお話です。
そのうち、悪玉菌が必要以上に増えてしまうと、
たちまち細菌たちのバランスが乱れて腸内環境が悪くなってしまうのです。

つまり、おならが臭いときは悪玉菌が優勢となってしまっているということなので、
善玉菌を増やしてバランスを整えてあげることが重要となるでしょう。

ヨーグルトやキムチ、漬物をはじめとした発酵食品には、乳酸菌などの善玉菌が多く含まれています。
それらを積極的に食べて、食事も野菜が豊富なバランスの良いメニューを
心がけるようにするなどして悪玉菌優勢の腸内を改善していきましょう。


Comments are closed