腸内環境が悪化してしまうと、
体調不良や肌荒れなどを引き起こしやすくなってしまいます。
腸内環境を保つことは、健康的・美容的に生活するための資本とも言えるでしょう。

そこで、腸内環境が悪化してしまった場合は、早めに改善していきたいものです。
ここでは、腸内環境を改善するために有効な対策をいくつかご紹介しておきます。

<すすんで発酵食品を食べよう>
ヨーグルトや納豆、お味噌などの発酵食品には、腸内環境を改善するためには欠かせない善玉菌が豊富に含まれています。善玉菌は、腸内環境を悪化させる悪玉菌を抑制する働きを持つため、悪化した環境を改善させる力を発揮してくれるでしょう。

<食物繊維を多めに摂取しよう>
腸内に残った便…宿便を効率よく排出するためには、食物繊維が欠かせません。食物繊維は腸内に入ると、そこにある宿便などを吸収して、体外へと出してくれる力を持ちます。そのため、腸内環境を悪化させる要因となる宿便を取り除く働きを期待できるでしょう。

<ストレスは適度に解消しよう>
過剰なストレスは蠕動運動の効率を悪くして、腸内環境悪化を招いてしまいます。会社にプライベート、ストレスは至るところに転がっていますが、適度に息抜きをしてストレスフリーを心がけましょう。

<運動は適度にやっていこう>
運動は健康を維持するために欠かせないものと言われていますが、腸内環境の改善にも関与しています。激しい運動ではなく、ウォーキングなどの適度な運動は習慣にしていくようにしましょう。

<睡眠不足には気を付けよう>
夜ふかしなどで睡眠不足になりがちな人は少なくありません。睡眠をしっかりとっていると、ストレスにも強くなれるので腸内環境を悪化させないための対策となってくれるでしょう。


Comments are closed