お茶は健康に良いということは、昔から言われています。そのため、健康維持のために毎日お茶を飲む習慣をつけている人は、少なくないことでしょう。
そんなお茶、実は腸内環境を改善するためにも役立つと言われているのをご存知でしょうか?

まず、腸内環境が悪化しやすい人の多くは便秘が原因となっていると言われています。
便秘になると、腸の中で長い間便が停滞してしまうため、どんどん悪玉菌が増加する一方となってしまうのです。そのため、より腸内環境が悪くなって蠕動運動が阻害され、便秘が起こりやすくなっていく…という悪循環に陥りやすくなってしまうわけですね。

そこで、お茶の中でも排便をスムーズにさせる効果を持つと言われている、どくだみ茶やプーアール茶、ルイボス茶などを飲むと、腸内に留まっている便をスッキリ排出することができます。
便秘が解消され、排便がスムーズになると、腸内に長いあいだ便が滞るということが起こらなくなります。その結果、老廃物はどんどん排出されていき、悪玉菌も増加しにくくなるため善玉菌とのバランスが取れて腸内環境が改善していくことになるでしょう。

お茶は手軽に入手できるものですし、そこまで手間をかけずに用意することができます。朝起きたときや寝る前など、毎日飲む習慣をつけることで、腸内環境を整えていくことができるはずです。
ちなみに、冷たいものは腸の動きを悪くしてしまうことにつながります。腸内環境を整えることを考えるのであれば、お茶を飲む時はできるだけ常温か温かいものにするよう、心がけましょう。


Comments are closed