ヨーグルトなどで話題になっているビフィズス菌などの善玉菌。
これらは、腸内細菌と呼ばれるもののうちのひとつであるということ、ご存知でしょうか?

人間の腸の中には、これら以外にも様々な腸内細菌たちが存在しています。
どのくらいの腸内細菌たちが生息しているのかというと、その数はなんと「腸」だけに100兆を超えると言われています。
もちろん、種類も豊富で数百種類以上であるそうです。
いかにたくさんの腸内細菌たちが、私たちの腸で共存しているのかがお分かりいただけたことと思います。

さて、そんな腸内細菌たちは大きく分けると3つの種類に分別することができます。

1つは知らない人はいないであろう乳酸菌などを代表とした善玉菌、
もう1つは大腸菌などが中心となった悪玉菌、更にもう1つは善玉菌でも悪玉菌でもない日和見菌です。

最後の日和見菌という細菌は、普段は特に何の影響もありません。
しかし、一度悪玉菌が優勢になってしまうと、途端に悪玉菌側に加勢するという、少々厄介な菌たちです。

基本的に腸内環境が良好な状態というのは、善玉菌と悪玉菌とのバランスが取れていることを指します。
しかし、ストレスや睡眠・運動不足、食生活の乱れなど、何らかの原因があって悪玉菌が増えてしまうと、
腸内環境のバランスは崩れて状態が悪化してしまうことになります。

この状態になると、腸の蠕動運動が鈍くなってしまったり、有害なガスがたくさん発生するようになったり、
下痢・便秘を起こしやすくなるなど、健康が脅かされることになってしまうわけです。

こうした状態にならないように、善玉菌を増やすための生活習慣を心がけていきましょう。
食事に気をつけたり、適度な運動を心がけたり、生活を見直したりすることで
腸内環境の改善を期待することができるはずです。


腸内環境は免疫力と密接な関係があるという話、耳にしたことはありませんか?
意外かもしれませんが、腸というのは人間の免疫力の中心となっている存在なのです。

それでは一体どうして、腸が免疫力の中心となっているのでしょうか。
それは、腸内には人間の体内にいる免疫細胞のうちの7割前後が集結しているためです。
このことがあって、腸内が体内の中では一番大きな免疫器官であるとされているのでしょう。

ちなみに、腸内にはたくさんの腸内細菌たちが生息しています。
彼らは腸内における免疫システムを支えてくれている、大変重要な存在です。

しかし、あくまで支えてくれているのはバランスが取れているときのみで、
一度バランスが崩れてしまうと、免疫システムが正常に機能できなくなってしまいます。

腸内細菌のバランスが乱れると、悪玉菌が増えていき、腸内環境はどんどん悪くなっていきます。
悪玉菌は腸の粘膜を傷つけてしまうだけでなく、便秘や下痢を起こすものです。
そうなると腸内には毒素がたまり、それが血液などで体中に行き渡ってしまうことになるので、
様々な不調が起こりやすくなってしまいます。

こうして腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、当然免疫力も低下していくことになるでしょう。
その結果、感染症や食中毒などを起こしやすくなってしまう他、アレルギー反応が出やすくなってしまうことにつながるのです。

このように、腸内環境は免疫力と深い関わりあいを持つものです。
悪玉菌優勢となって免疫力を下げてしまうことにならないように、腸内バランスはしっかりと保っていきたいものですね。


おならのニオイが臭いと、気軽に出すことができないものです。
周囲の人間に迷惑をかけてしまうどころか、「いったい誰がやったんだ…」と
探り合いにまで発展してしまうこともあるでしょう。

そのような空気になるのは、実に気まずいことこの上ありません。
特に、自分にとって大切な人の前で強烈に臭いおならをしてしまった日には、
一瞬で消えてしまいたくなる衝動に駆られてしまいます。

こうした臭いおならの悩み…果たして何が原因となっているか、ご存知ですか?

実は、腸内環境が悪いと、このような臭いおならが
頻繁に出るようになってしまうと言われているのです。

でも、だからといって何も対策法がないわけではありません。
腸内環境が悪くなっていることで臭いおならが出てしまっているのなら、
反対に腸内環境を改善してしまえばいいだけなのです。

臭いおならが出てしまったときは、
「これは腸内が助けを求めているんだ!」と前向きに考えて、早めに対策を練っていきましょう。

腸内には善玉菌と悪玉菌が生息しているというのは、有名なお話です。
そのうち、悪玉菌が必要以上に増えてしまうと、
たちまち細菌たちのバランスが乱れて腸内環境が悪くなってしまうのです。

つまり、おならが臭いときは悪玉菌が優勢となってしまっているということなので、
善玉菌を増やしてバランスを整えてあげることが重要となるでしょう。

ヨーグルトやキムチ、漬物をはじめとした発酵食品には、乳酸菌などの善玉菌が多く含まれています。
それらを積極的に食べて、食事も野菜が豊富なバランスの良いメニューを
心がけるようにするなどして悪玉菌優勢の腸内を改善していきましょう。